お豆さん

 空豆を買ってきて茹でる。
 空豆はさやに入ってたらやたらでかいくせに、食べられるところは目方の10分の1くらいになってしまうので、何てサービス精神に欠ける豆だろうと、いつも思う。お得感のかけらもありゃしない。けど、さやから出てきたときにちょっと照れくさそうだし、美味しいから、許す。淡路島で買った玉ねぎと一緒にオリーブオイルで炒めて塩でいただきました。
 空豆に限らず、お豆さんをさやから出す作業はとても好き。子どものころ、初夏にはご近所から大量のえんどう豆をいただくことがあって、ひとつひとつの豆を取り出すのは、私の仕事だった。私は、母親の料理は全然手伝わないのに、料理ができあがって行くのを台所の床に座って、じっと眺めているのが大好きな子どもだった。脇にかかえたボールに豆をカランカランと投入しながら、暑い夏の日の晩御飯を待っていた時間は、くすぐったい思い出。
 先日、姫路城が見えるところに暮らす友人宅で、空豆ご飯をご馳走になる。「子どもの頃、お母さんがご飯作るの見てるのが大好きだったんだよねー」とか言って、相変わらず手伝いもせずに後ろでゴロゴロ見ていたら、空豆の薄皮をむく仕事をもらった。友人は、びーびー言ってる私を一晩泊めてくれて、昼ご飯も晩ご飯も食べさせてくれた人。ほっこりした空豆ご飯と、自転車で送ってもらった夜風が、ありがたかった。
b0180333_2262242.jpg

[PR]
by bag-tentomusi | 2009-06-09 22:11


「知彩庵」より。日々の咀嚼と、紡ぐことば


by bag-tentomusi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

b0180333_232545100.gif

外部リンク

以前の記事

2013年 11月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧