ルサンチマン

 携帯サイトでカンニングをした予備校生が、逮捕されたらしい。
 「偽計業務妨害容疑」だとか。
 私は朝日新聞しか読んでいないが、ここ1週間、連日の一面報道。今日の朝刊のトップ記事は「19歳予備校生逮捕」とある。

 いや、しかし、よく考えたら(よく考えなくても)、たかが「カンニング」である。
 記事にするなとは言わないが、明らかに3面記事ではないか?19歳の少年の出来心を、そこまで血祭りにあげる必要があるのだろうか。
 いつの時代も、カンニングというのは存在したわけで、メモを見たり、机に書いたり、鏡を使ったり、替え玉があったりした。今回の手法が多少「現代的」だっただけで、何もそんなに驚くことではない。少なくとも、連日一面記事にすることではない。ましてや、逮捕するほどのことか。

 「社会的影響が大きくなったから逮捕に踏み切った」らしいが、社会的影響を大きくした主語は誰なのか、たぶん誰もはっきりと答えられない。それぞれの大学が、不合格にするなり対処すれば済む話ではなかったのだろうか。「大学側が内部調査など事務作業に追われた」ことが「業務妨害」にあたるらしいが、それも含めて、入試業務なんじゃないのか。そもそも、彼一人がその大学に受かろうが落ちようが、いったい誰が迷惑するのだろう。

 それにしても、サイトへの投稿者がほんの3、4日で特定されることが恐ろしい。公権力に「見せろ」と言われたら、こんなに速やかに「協力」できてしまうのか。「いやいや、そんなことしたらユーザーの匿名性が損なわれてしまう。表現の自由にかかわらないか?」みたいな議論が、少なくともサイト運営会社の社内であった末の決断だといいのだが。

 大学側も、投稿された内容に類似した回答を探し出して、「いつでも差し出す」と言っているらしいが、仮にも自分のところの学生になったかも知れない若者で、大学は教育機関のはずだ。「うちは不合格にするし、自分のところで対応するから、逮捕だけは勘弁したってください」くらいのことを言える大人が、一人もいなったったのだろうか。告訴はないだろう。
 少年よ、君が死に物狂いで飛び込もうとした最高学府は、所詮、その程度のものなんやで。 

 今回の報道と逮捕に、どうしようもないルサンチマンが渦巻いているような気がする。
 たぶん、多くの人が「そこまでしなくても」と、内心では思っている。
 それなのに、誰もそれを言い出せないまま、ことは大きくなっていった。
 
 そこまでして合格にこだわった彼を思う。「追い詰めてごめんよ。つらかったな」って言ってあげられる大人が、彼の周囲にたった一人でもいることを、祈る。
[PR]
by bag-tentomusi | 2011-03-05 01:11


「知彩庵」より。日々の咀嚼と、紡ぐことば


by bag-tentomusi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

b0180333_232545100.gif

外部リンク

以前の記事

2013年 11月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧