休暇の終わりに

 明日から、東北へ行くことにした。
 「東北へ」ってくくってしまうあたり、東北のこと全然知らないんだなぁと、思う。
 地図を眺めたら、ものすごく広い。

 今回も、昨年7月にお世話になったボランティアセンター「遠野まごことネット」さんで、もう一度お世話になってみる予定だ。
 前回は仕事もあり、たった2日の滞在で、何だか消化しきれないままだった。今回は少なくても4日は滞在する予定なので、多少は飲み込めるものがあるかも知れない。

 休暇が残り少なくなってきて、周囲は「海外旅行でも行くんでしょ?」と言うし、自分もそのつもりだった。
 でも、灼熱の太陽も、ムッとした亜熱帯の空気も、大好きで中毒みたいになってた時期もあったんだけど、今は何となく身体に当たりそうで。

 関西に暮らしている者にとって、東北はつくづく遠い。
 今のように意識しなかったときには、「同じ日本だし、いつでも行ける」と思っていた。ところが、いざ調べようとすると、当たり前に広くて、多様で、そして遠い。
 例えば九州や四国、中国、山陰は、親戚がいたり出身者が身近にいたりするので、何となく「分かる」んだけど、東北のことは全然知らないし、身近に見当たらない。日本は狭くなったと言いながら、いかに自分は、「西」の文化圏で暮らしているのかがよく分かる。「関西人」の自分と、「東北人」の誰かは、もう、決定的に「違う」のだと思う。

 だけど、「違う」んだな「遠い」んだな、と気づけたことは、良かったんじゃないかという気もする。
 私はほとんどテレビを見ないけれど、それでも感じる3.11をめぐる「美談」の違和感は、「みんな同じ日本人じゃないか」的なところに立脚してるからじゃないかと思い至る。「相手の痛みが分かって当然」のような錯覚。でも、それをしている以上、理解不能はものは切り捨てられる。中途半端に「同じ」だと思っているから、うっかり「反原発集会」で「関西の子どもだけは守りましょう!」なんて、口をすべらせてしまう。
 もう、たぶん、関西人と東北人は、別人種だと思う。
 韓国より遠いし、メンタリティーも違うんだと思う。
 それで、違うんだ、遠いんだ、知らないんだ、ということを、もっと素直に認めた方が、たぶんいいんだと思う。
 違う、遠い、知らないと自覚して初めて、人は「知ろう」とする。

 そんなわけで、休暇の終わりに、まだ寒い東北の地へ。
 自分なりに自分の目で、出会ってこようと思う。
 この時代を生きたという「証」が私は欲しくて、。その「空気感」をまとってみたくて。

 そしたらまた、自分の小さな持ち場で、目の前の人に必死になることが、赦される気がする。
 「ここ」と「そこ」は、必ずどこかで繋がっているから。 
[PR]
by bag-tentomusi | 2012-03-21 02:14


「知彩庵」より。日々の咀嚼と、紡ぐことば


by bag-tentomusi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

b0180333_232545100.gif

外部リンク

以前の記事

2013年 11月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧