2010年 08月 01日 ( 1 )

花火

 「世界一」と評されるPL花火を初めて見物した。

 バーベキューしながら花火待ちの、石川河川敷。
 ものすごい場所取り合戦かと思いきや、土手にはかき氷屋さんが来たり、金剛バスがのんびりと走っていたりで、なかなか和やかな夕暮れ時である。
b0180333_0105729.jpg

 この日は、昼間から田んぼの草刈を楽しんだので、日に当たって労働した身体に風が心地よく、小学生のときのプール帰りみたいな絶妙の疲労感を抱えて夕暮れ時。
 ビールを飲みつつ、親切な人たちが焼いて運んで来てくれる肉と野菜をつまみつつ、花火を見上げて寝転んで見る花火は、さすがにたいしたスケールであり、なかなか極楽な時間であった。

 写真に撮ってみても、「遠くの方がたいへんなことになっている」程度の感慨しかないけれど、同時に連発で上に下にガンガンあがって、夜空がひとつのキャンバスとでも言いましょうか。幼い頃からこれが「花火」だと思ってそだった南河内住民は、罪なものよ。
b0180333_0111488.jpg

 私のなかでの「花火」の原風景は、近所の「ふれあいまつり」の打ち上げ花火で、山の中腹から一発ずつ、もったいぶって夜空にあがった。夜空はひとつの・・・掛け軸とでも言いましょうか。
 それはいかにも夏の終わりの風景で、小さな自治体の花火大会なのだけれど、一発ずつけなげに夜空に花開くのが、最も切なく最も正しい「花火」であったと、私は今も思っている。

b0180333_020265.jpg
草ぼうぼうにて、
草刈り中。
[PR]
by bag-tentomusi | 2010-08-01 23:36


「知彩庵」より。日々の咀嚼と、紡ぐことば


by bag-tentomusi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

b0180333_232545100.gif

外部リンク

以前の記事

2013年 11月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧