柿酢日記①

 「柿酢」というのがあるらしい。
 『うたかま』という雑誌の「醸す」特集で知ったのだが、柿を発酵させる(要するに腐らせる)ことで家庭で酢を作ることができるというのだ。そしてこの柿酢というのが、たいへん栄養価に優れ、たとえ醸造に失敗しても植物の虫除けなどに使えるらしい。
 壷の中で柿がじわじわと発酵し、澄んだ酢が作れるなんて!と、興奮して雑誌を眺めていた。

 そして先日、近所のお屋敷に住むご主人が、「庭の柿がたくさん生るから、地面に落としてしまうんだよ」というお言葉を聞きつけ、「酢にしますから、ください!」と飛びついた。多少は面食らった様子のご主人だったが、引き換えに自家製梅干などを瓶に詰めて持参して、30個ほどの柿を分けていただく。
(ちなみに、梅干は「自宅で大量に漬けたのがあるんだけど・・・」と言われた。予想通りではあったが、もはや「私が持っていて彼らが持っていないもの」などないので、何を手土産にしたらいいのだか)。
b0180333_23425863.jpg
 柿酢は、『うたかま』ではドライイーストを入れて発酵を促進するとあった。ネットで検索すると、米酢などを加えている人もいる。私は、「いろいろと加える人もいるが、壷の中に柿を入れておけば自分で発酵していく(だから、余計なことはしなくていい)」という主張が気に入ったので、「余計なことはしない」レシピを選択することにした。
 柿の皮の表面には、よく見ると白い粉のようなものが付着している。これが「酵母菌」だそうだ。この酵母菌を殺さないように、枝からとった柿は洗ったり拭いたりすることなく(無農薬品に限る)壷に放り込み、あとは時々かき混ぜながら発酵を見守っていくのが、まぁ、コツと言えばコツのようである。
 柿は、「できるだけ熟れたもの」をリクエストしたので、すでに酸っぱい臭いがしているものもある。おぉ、酵母菌がいるいる・・・と、これから「醸し」の日々が楽しみである。



 11月23日。9リットルの壷に詰めたもの。→
 ヘタだけとって、あとはそのまんま。



 蓋をすると酵母菌が息をできないので、虫除けの手ぬぐいのみ被せる。
 タコっぽくて、かわいい。
b0180333_23432120.jpg
[PR]
# by bag-tentomusi | 2011-11-29 23:49 | 柿酢日記

石釜とバンブー

 b0180333_18445027.jpg 
 家から自転車で30分くらい行ったところの、炭焼き職人さんの仕事場に石釜がある。
 その石釜で、ピザを焼いて食べた。

 うまかったです。

 竹筒のなかに鶏肉を突っ込んで火にかける、「バンブーチキン」ってのも作ってもらいました。
 うまかったです。
[PR]
# by bag-tentomusi | 2011-11-23 18:47

休む

 仕事を休みまくっている。
 
 日曜日は休み。
 月曜日は出勤。
 次は水曜日が祝日なので、それにあわせて火曜日も休み。

 ずる休みでも、突発的に休むわけでも、病的に休むわけでもなく、合法的?に休んでいるんだから、特に問題はない。公休を当たり前にとるようにし、振休やら有休やらもフル活用し、休日に「行っておいた方がいいかなー」と思う出張もスルーして、休む。2週間くらいは休みなしで働いていた頃もあったことを思うと、大丈夫かと思うくらい、休んでいる。

 身体はすこぶる元気。言い逃れができないくらい、元気。
 でも、気持ちがどうにもついて行かない。「みんな、いなくなればいいのに」とか思ってしまうから、致命的である。いや、本当はそんなことなくて、そんなことないから、余計にしんどいのかも知れない(と、ネット上なので、適当に言い訳をしてみる)。

 今日はお弁当を持って畑へ行き、3本目の畝を作った。明日は近くの「ふれあい祭り」で、地元の人たちが種や苗を売りに出すらしいので、玉ねぎの苗を買ってきて植える予定。
 それから、近所の文化遺産みたいな家に住んでいる方の庭に、大量の柿がなっているので、それをもらいに行った。明日はこれで「柿酢」を仕込んでみることにする。
 今晩のご飯は、いただいた立派な大根で、「大根ステーキ」。弱火でひたすら焼くだけなのだが、肉汁ならぬ、大根汁がしたたる。昨日に引き続き「なかむら」の水割りを、お燗したものと供にゆるりとした食卓。
b0180333_23344054.jpg

 今は、そういう時期だろうから、休める分には休もうと、半ば諦めている。休んだら休んだで、やりたいことは色々ある。 
 とは言え、何か小さなトゲのようなものが喉に引っかかって、痛む。「仕事で負った傷は、仕事で癒すしかない」と昔、同僚と話したことがあった。

 まぁ実際に、休みたくて仕方ないのは事実なわけで、明日も休みなんですがね。
 文句ありますか?と、自分自身へつぶやく。
[PR]
# by bag-tentomusi | 2011-11-22 23:39

めぐる

 同居人さんが、念願だった畑を借りてきて耕し始めている。お世話になっている方の紹介で、地主さんが好意で貸してくださったのだ。畑と言っても荒地なので、耕すというより「開墾」している様子だ。
 私はというと、ここ数週間何かと予定があって、一度も畑に顔を出す機会がなかった。さすがに周囲から「もう一人は、やる気があるのか?」という声も上がりそうだし、今日ようやく、「我々の土地」を見に行った。
b0180333_2352865.jpg
 左が畑。自宅から自転車で15分ほどなのに、千早川沿いの「けっこう、山奥だなー」と感じさせるロケーションで、なかなか素敵な場所だ。付近も田んぼや畑なので用水路が近くにあって水も汲めるし、頭の上には電線がないし。すでに3本の畝が出来上がっていて、同居人さんの努力がうかがえる。
 今日は少しだけ間引きをして、ゴザを敷いて空を眺めて作業?は終了とした。ちょうど、お隣の畑の方が来られていて、「食べきれないから」と、ほうれん草、水菜、ラディシュをたくさんいただく。
 
 帰り道、以前お世話になり、最近は柿を分けてくださった方のおうちへ寄り、いただいたお野菜をおすそ分けする。それから、今週で店を引退する寺内町のS君のお店へ行き、最後のランチ。そこへちょうど、店のオーナーが来られて、「カボチャと柿、持ってく?」と聞かれたので、またいただいて帰ることとなった。

 さて、夕方、その他の買物を済ませて家に帰ってみると、今度は玄関先にブロッコリーと大根が置いてあるではないか。「Oさんが置いていってくれたんやね、今日は、いろいろともらえるね」と同居人さんと話しながら、ご飯の用意を始めていると、洗濯物を取り込みに出た同居人さんが、「えー、ちょっとー」と声を上げた。なぜか、裏庭の植木鉢の上に、立派なキャベツと大根2本が、さりげなく置かれてあるのだ。「さすがにちょっと恐いんですけど、誰??」という推理の結果、おそらくはお隣さんだろうという結果となる。「これは、礼を言わねば」とのことで、さっきいただいた柿と、同居人さんが職場でもらってきたお花(もらいもんばっかりかよ!)を手土産に携えて、お隣さん宅へ。やっぱりお隣さんが置いてくださったようで、一件落着となった。
b0180333_23525432.jpg
 そんなわけで今日は、もらってはおすそ分けし、またもらってはあげて・・・の繰り返しで、何もしてないのにたくさんのお野菜が舞い込んでくる一日となった。
 いろんなことは、めぐっていく。















 夜は、野菜豆乳鍋と、サラダ。お酒は、焼酎「なかむら」の水割りを燗にして。
 これだけが、胃袋に収納されたと思うと、すごい。
b0180333_23532170.jpg

  
[PR]
# by bag-tentomusi | 2011-11-21 00:05

マガジン9

 南河内出身で、今は東京で仕事をしている友人が編集に携わっている『マガジン9』。
 その友人から、橋下府政に関して原稿を書いてみないかと誘ってもらったので、書きました。
  ↓
 『橋下府政と社会福祉

 急遽「告示前にアップしなくては」となり、しかし運悪く今週は予定が詰まっていたこともあって、結局は研修のために東京へ向かう新幹線のなかで大急ぎで書くこととなった。文句言うためには、勉強せんとあかんなぁと、つくづく。

 浦和での研修のあとは懇親会をサボって、別の友人が企画している「本の楽市」内のイベント、「上野千鶴子×開沼博 公開対談-わたしたちは『共犯者』なのか?-トーキョーとフクシマのあいだで」へ参加しに、高円寺へ。終了後は、打ち上げに参加させてもらう。
 
 「脱原発」という、おそらくは開沼さんにとって自明の理をしかし、簡単に語ってしまうことの危うさというか、考えれば考えるほど、「すっきり答えの出ない」話であり、だからこそとても腑に落ちた対談だった。
 詳細は次回書くとして、開沼さんの話を聞いて、橋下が一見「原発」とは関係ない大阪でやってきた数々を思ったとき、やはり彼が簡単に口にした「脱原発」は、本物ではないと確信した。 
[PR]
# by bag-tentomusi | 2011-11-13 02:37


「知彩庵」より。日々の咀嚼と、紡ぐことば


by bag-tentomusi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

b0180333_232545100.gif

外部リンク

以前の記事

2013年 11月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧